水曜から早起き

お元気ですか。植西です。
昨日は寝坊して授業(出席あり)に出れなかったので、少なくとも僕は元気ではないです。




前に言いたいことがもうひとつあるよと言っておきながら、そのことを書こうとすると非常に長くなる上にあまり面白味のないブログになりそうだったので、今回は適当に書いてくゾ、コノヤロー。




さあ。どうする、俺!?




…まあ。でも。せっかくなので、キャプテンを経験した人"ならでは"のことを伝えたいなーと。




少し昔の話をすると、
僕がまだ下級生だったころ、僕は上司につっかかっていきそうな性格なので(社会人になると少し怖い)、
よく、「俺がキャプテンだったら、ああするのになー」とか、
「なんで、こーゆーことに取り組まないんだろう」とかよく思ったり、油断すると口に出ちゃったりしていました。
いわゆる、「偉そうで文句だけは一人前の嫌な下級生」でした。おれがキャプテンの立場ならば、
じゃあお前もキャプテンなってみろよと思ったことでしょう。




そして、幸か不幸か二回生の秋に僕はキャプテンとなりました。




そこで気づいたことは、ケチをつけることと、実際にやってみることは全然違うということです。
これは当たり前のことで自分でも分かっているつもりでしたが、そこで改めて知らされました。




「ああすればいいのに…」と以前から思っていたことも、実際には全く上手くいきません。
一言で言うと、「思うてたんとちゃうやないかー」という状態です。




キャプテンは大変です。




そんな僕だったので、キャプテンになって初めて気づかされたことも多いです。




ばいざうぇい、前置きが長くなりましたが、あのとき気づいたことのひとつを本日のブログのテーマにします。




それは、「時間」です。




まあ。これだけ言っても伝わらないでしょうから、僕から君たちへ質問をします。




【問①】次の大会へ向けて、普段の練習でより力を入れているのは具体的にどこですか?
ひとつ挙げてください。ちなみに、"基礎技術"などの曖昧な解答は控えましょう。

(解答例:ストローク、体力、ドリブル…えとせとら)




現役の諸君は少し考えてみてください。
おそらくミーティング等で話し合われているはずです。

現役でない方は暇でしょうから、俺の笑顔でも想像しておいてください。何の得もありませんが。




・・・




・・・




はい、シンキングタイム修了。
ついでに、もう1問いきましょう。





【問②】では逆に力を入れていないのはどこですか?

(解答例:ストローク、体力、ドリブル…えとせとら)




現役でない方は、引き続き俺の笑顔でもお楽しみください。




・・・




・・・




はい、終わり。




意外と難しかったですかね。
単刀直入に俺の考えを言うと、「あなたたちは何を得ようとして、そのために何を捨てているのですか」ということです。最初からそう聞けばよかった。




はいはい。なぜ、こんなことを俺は言っているのでしょう。
それは、「時間は有限だから」です。




時間は有限だから、「何かを選ぶということは、何かを捨てる」ということ。




今回のポイントはそこです。
そんなこと当たり前田のクラッカーですが、僕がその重要性に気がついたのは、僕がキャプテンのときの春リーグ終了後です。すなわち、二部から三部に落ちたときです。




頭ではもちろん理解しているつもりでしたが、当時の僕に足りなかったのは「何かを捨てる勇気」だったのではないかと分析しています。




まあ、春リーグの敗因はいっぱいありましたが、キャプテンとして欠落していた要素のひとつにそういったことがあるのではと僕は思ったのです。




結局、何も捨てれなかったから何も得ることができなかったのですね。




実は…、たとえば「パスに重きを置こう」という言葉の裏には、
「ドルブルやディフェンスは軽く見よう」という意味があります。
パスの練習を増やすということは、他のメニューを削るということです。
そこまで理解して上記の発言をしていたのかということですね。




勝つために、「何を重視するのか」を考えるのは簡単だと思います。なぜなら、何を答えてもそれっぽく聞こえるから。
でも、本当に大切なのは「何を捨てるべきか」と考えることではないでしょうか。こっちの方が、よりたくさんの知識と見解がないと判断できないように思われます。




まあ。このままだと抽象的なので、その後僕がどう考えたのかを具体的に書いていきます。
ちなみに、あくまで俺はこう考えたよってゆーだけの話で、何もこのときの俺の考えが正しいとは思いません。その理由はあとで言います。




とにかく、僕は勝つために何を捨てて、何を得ようとしたのか。
そのために何度も試合を見直して、関西リーグを今一度分析して、僕なりに考え直すことにしました。




ズバリ俺が捨てたのは、「フィールドゴール」と「一対一(攻めでも守りでも)」

逆に、何としても得たかったのが、「ショートコーナーの攻撃力」と「徹底したセットディフェンス(プレス)」です。
なぜこうなったのかを詳しく話し出すとそれだけでブログを食ってしまうので、以下簡単に。




捨てたものに関して、俺もキャプテンとして、
まあ。たとえばフォワードなんかに対しては「フォワードなら、一対一で一人くらい抜けるようになっとけよー」とかハッパはかけていたけど、内心ではそこはどーでもええよと思っていました。




一方でプレスやショートコーナーについては、少しでも懸念材料があれば、納得いくまで練習を重ねました。
それこそ、他のメニューを犠牲にしてまでも。




何はともあれ、その次の秋リーグでは何とか二部昇格まで辿り着きました。




…が。




俺の考えが功を奏したから勝てたのかということは、また別次元の話です。
なぜならば、実際にターニングポイントとなった京産戦と名大戦のシュートは全てフィールドゴールだったからです。




故に、先程も言った通り俺の考えが正しいとは思ってへんのやで~





なんか、方向性が見えなくなってきたな。




とりあえず、じゃあ。なんで、why俺はこんなこと偉そうに語っているのか。




…その答えは冒頭にあります。
キャプテンを経験した人"ならでは"のことを伝えたかったからです。




「春リーグに負けた原因の一つにこういったことを考え、そして秋リーグまでに改善しようとした。結果的に勝てることは勝てたが、まだまだ考察の余地はありそうである」という俺の経験を伝えようと思っただけなのだ。





…ん?




ここまで書いて気づいた。




このブログ、長さの割に中味がない気がする。
だが、消すのも勿体ないのでそのまま載せる。




そんなこんなで、最後に捕捉的なことを書いて終わることにする。




・・・





俺は意味のないことをするのは嫌いだ。




…何言ってんだコイツ、と思わずにもう少しお付き合いください。




ぶっちゃけ、俺がブログを書いたところでこのチームの勝率が上がるとは思わん。
何かが変わるとも思わん。




なのになぜ、こんなことに時間を割いてるのか。




そもそも、引退した今でもこーゆーことを書いているということは、つまり、やっぱり今の現役がこのままだと負けちゃうのではと俺は思ってるんじゃないかな。心のどこかで。
この1年間、まぐれでも1勝できなかったチームに何を望むのかと…(嗚呼、こんなこと言っていいのか)




ただ、その一方で何かを期待している自分もいるんだな。これが。
今の二回生について言えば、
当時、春リーグに負けてから、君たちが入部したことで、次の秋リーグに勝てました。
もし、俺たち上回生に本当に力があったのならば、春は負けていなかったはず。
故に、君たちには何か大きな魅力があるはずだと思っています。
その魅力が何なのかはよく分かんないけど、あのときくらいから確かにチームはいい方向へ変わっていきました。




ただ、ここ1年結果が出ていないことを考えると、どうもその魅力に君たち自身も気づいてないように思えます。もしくは、その魅力が薄らいでいるか。




だから、僕としては非常にもどかしくて、
何の意味もないかもしれんが、ブログでも書いてみようかなと思うのである。





俺が引退後、偉そうに言っていることは、全て俺が現役時代にできなかったことばかりです。




まあ。とどのつまり、頑張ってくださいな。




たぶん本気で勝利を狙うのであれば、
これから先、それこそ苦しい局面に何度もぶつかると思うし、
そこに結果が伴うとも限らないけれど、
くじけないでください。




俺はもうすぐ卒業するけど(できるのか!?)、
卒業しても応援しているOBがいるというのを忘れずに練習に取り組んでもらえたら僕は嬉しいです。




頑張ってね!




P.S.
2015年春からデジモンアドベンチャーの続編が放送されます。
単なる新しい「デジモン」シリーズではなく、「デジモンアドベンチャー」の続編です。
重要なことなので2回言いました。
かつてウォーグレイモンに憧れ、選ばれし子供たちの冒険に胸を踊らせた人は、是非見ましょう。

comment

管理者にだけ表示を許可する

植西ほど人に努力を見られたくない奴もあまり見たことありません。
下級生が彼のことをどう思ってるのかは知りませんが、彼はある種自己分析完璧でした。
自分が下手くそなことは重々理解し、すぐに上手くならないことも分かってた。
じゃあ、どうするか。

皆なら…
気合いを入れて努力を重ねますか?
我武者羅にやれば何かが変わると思いますか?




つまるところ、このブログは本質ついてると思います。
デジモンは面白い。





もとい。時間は有限。4年間で身に付くことなんて限られているのが現実です。
ま、現役は頑張ってね。もうボクたちOBは「応援」しかできませんから。

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
(^o^)
気軽にフォローしていってね!
プロフィール

ocuhockey

Author:ocuhockey
大阪市大ホッケー部
その部員たちの日常が
垣間見れるこのブログ。

悪ふざけ 7 近況報告 3

で絶賛更新中。
記事とコメントに散りばめられた
虚構と真実の織り成す
水色ホッケー戦士達の冒険譚である。

筆者たち
0~9の数字を司る部員たち

0 みずえる DT 3
1 なみへー MG 2
2 まな   MG 2
3 みさき  MG 2 
4 おの   MG 3
5 かんざき GK 2
6 ふみもん FW 2
7 えきもと FW 2
8 まいさん MG 2
9 うえにし αB2

なんか十刃みたいでかっこいいな。古いとか言うな。
隠れキャラ 
平山 CEO 3
とんちゃん NF 2
携帯から見る
QRコード
カテゴリ
最近の記事
ブログ内検索