引退そして。。。。

こんばんは。
どーも僕です。

さて、長ったらしく書いて来ましたが、最終章です。

記憶が割と新しいので、長くなるかもしれませんが、どうぞ。








2012年秋。

長かった幹部生も終わり、新たに植西をキャプテンとするチームになりました。
僕はいち就活生として、日々過ごしていました。


12月にはもくんさんに、年が明けて1月にはこーへーさんに、それぞれOB訪問に行きました。
その節は本当にお世話になりました。


就活はしっかりしてましたが、練習にもなるべく行くようにしていました。
行ってやらないと人数が少ないというのもありましたが、就活ばかりしていては息が詰まると思いましたし、何よりホッケーがしたかった。



年が明け、センター試験休み毎年恒例のボード旅行を阿南さんが企画して下さいました。
が、人数があまり集まらず(新3年生ノリ悪すぎ笑)頓挫しました…。
阿南さん、僕もめちゃくちゃ行きたいので、来年は是非行きましょう!
誰か企画頼む!


ま、そんなこんなで年も変わり。
市大ホッケー部にも少し変化がありました。
まず文元の本格復帰(年変わる前だったっけ)
そして、同志社から奥田ちゃんがやってきました。

それでも、人数は足りないままでした。
新2年生
松村、中村
新3年生
植西、浴本、神崎、文元、松本
新4年生

これに奥田ちゃん、小川ちゃんを入れてもまだ11人揃わない。
そんな状況でした。

もちろん、こんな時期に新たに部員が入ってくるはずもなく。
春リーグどうするんだ?
そんなミーティングを何度かしました。
話がまとまるはずもなく、時間だけが虚しく過ぎて行きました。





3月には瑞穂で春合宿を行いました。
練習試合の日には新4年生マネの二人も来てくれました。
みんな、瑞恵さんとなっちゃんにはホントに感謝せなアカンで!
この2人がいなかったら…と考えたら、自然とそんな気持ちになるはず!!

瑞穂合宿では山奥ということもあり、文元と奥田ちゃんが花粉の餌食になっていました。
両方の鼻にティッシュ突っ込んで、ミーティングで意見を言っていた奥田ちゃんがとても印象的でした。


合宿後も、人数不足からろくに練習試合も組めないまま時間だけが過ぎて行きました。


ホントに春リーグ辞退しないといけないんじゃないか?
そんな話をしていた春休み。
一筋の光が…。
学連が奥田ちゃんと小川ちゃんの他大学選手登録を認めてくれました。

これで名嘉を招集できれば、なんとか11人揃う。




今の1年生たちは知らない子もいるかもしれないけど、今年の春はマジでこんな感じだったんだぜ。
それに、もう少し前にはホントに暗黒期があってリーグさえ出られない状況だったんだ。
今年はホントに豊作だったけど、今度いつそんな状況になるかも分からない。
だから、新歓はホントに頑張ってくれ。
そして、そうした暗黒期でもホッケー部を支えてくれた先輩達が居て下さって、初めて君達がいることを忘れないでくれ。







4月。
年度が変わりました。
土屋さん達が卒業されて、皆も学年がひとつ上がりました。

僕も面接面接が続き、日々一喜一憂していました。


ホッケー部はと言うと、中村友弥新歓隊長を中心に新入生の勧誘に力を注いでいました。


就活の合間を縫って新歓にも行けるだけ行ってましたが、新歓の手応えについては正直あまり知りません。

気が付けば、ムサシ、いけっち、あっきーがまず入部してました。
緊張しいも入って欲しかったね。
あとやまぴー。


その後も、まっつんのメールを無視し続けた秀平や、何故入ったか分からんあっちゃんやコバヤシ。
真澄に関しては初対面で爆笑してしまいました。
あまりにも真澄だったので。

そして、新歓では全く仕事をして来なかったまっちゃんの友達のとよっちも最終的には入部してくれました。

マネさんも今年は4人も入ってくれました。
まいこちゃんとちーちゃんは諸々あって辞めちゃいましたが…。
辞めた二人もホッケー部ではなくなっちゃいましたが、僕の後輩には変わりないので、何かあれば何でも言うて来て下さい。
おじさん、頼りないけど話ぐらい聞くよ( ̄▽ ̄)




一方、リーグ戦はというと…。



ボコボコにやられました。

和大相手に0-5で初戦を落とすと、そのままズルズルと対京大0-5、対阪大0-6とプール3戦終わって、圧倒的な差を付けられて負けました。(スコアはうろ覚え)
順決1回目は、同志社と対戦。
僕はまさかまさかのCFでした(笑)
びっくりするぐらい機能せず、グリーンカードを貰っている間に2失点。
結局0-6で敗れました。

最下位決定戦は阪大と。
プール戦で大敗した相手でしたが、前日の王将西九条店でのミーティングが功を奏し、互角に試合を進めました。

後半、先制されるものの名嘉のゴールで同点に。
そのまま延長に入りますが、最後は憎っくき河合く○にフリックをぶち込まれ敗戦。
僕は初めて“降格”を経験することに。
市大としても久しぶりの3部となりました。



春を総括すると…
ボールが回せない、収められない。
爆弾ゲームみたいに、ボールが来ては他の人へ。
自分の所ではミスしたくない。
そんな感じがひしひしと伝わりました。

そうした状況を変えよう変えようとミーティングや練習でも言葉は出るものの、態度が変わらない。
「言葉が軽い。妥協点が低すぎる。」
そんな姿勢に正直かなり腹が立ちました。
このことが、部活を辞めようかなと本気で考えさせました。
僕も自身もそのような所はあったのでしょうが。。。

もうキャプテンではない立場。
他の子達の植西を支えようという姿勢のなさ。
最上級生として、何ができるのか。
僕が居ることで下の子達が育たないのでは?
チームにおける自分の存在価値が自分でも分からない。

などなど、色々な想い・考えがあってホントに辞めようと思ってました。


そんなことを考えている時、諸々あって小出さん、O田さんと飲みに行くことに。
改めまして、御馳走様でした。

色々な話をしましたが、もうちょっと頑張ろうという気持ちになりました。
ホントにありがとうございました!
あれがなかったら、ホントに辞めてたかもしれません。。。



・気持ち新たに。
・もう一度キャプテンになったつもりで。
・いちプレイヤーとしてやり直す。
この3つが春以降の僕のテーマでした。
そして、秋で2部に上げて引退するということを目標に…もとい。
秋で2部に上げることがお世話になったホッケー部への恩返しだと思ってやろう。そう決めました。


はい、カッコつけすぎました。失敬。

















春が終わり、1年生も本格的に練習に参加。
僕はというと、後輩何人かに自分の長所短所を聞いて自分がチームのためにどんなプレイをすればいいかを考え直しました。



何人かに聞きましたが、面白いことに長所はホッケーを知ってること。
短所はボールタッチで全員一致でした(笑)

長所、ホッケーを知ってることて…。
もう4年目やし…。









ま、最後まで頼りになるプレイヤーにはなれませんでしたが…。
自分を見つめなおすきっかけにはなったので、今思えば良かったかなと。


そんなこんなで、あっという間に前期が終わって行きました。
その間には、立田さんが大阪に来られたり。
秀平が前の彼女にフられたり。
友弥が毎週金曜日に泊まりに来るようになったり。
ふーみんが昼の餌(バナナ)を忘れてTwitterでNooooooo!と呟いたり。
僕の大学生活最後のテストを受けたり。
あ、秀平が前の彼女にフられたり。
etc
色々ありました。




そして、暑い暑い夏がやってきました。




例年と大きく変わったことは、瑞穂を中心に、芝をとりまくったこと。
9月の瑞穂合宿をなくし、8月終わりにマツゲンで行ったこと。
何より、西日本インカレに出なかったこと。
でした。


8月から練習試合しまくりましたね。
神戸、同志社、郡高、阪大、京大、etc
特に郡山とは招待会以来だったので、個人的には楽しかったですねー。







マツゲン合宿では3年連続で車を出し、三田。もとい神戸からはるばる尼崎でアホどもとさつきちゃんを拾い、運転してきました。

サンドベースでしたが、とても良いグランドでしたな。
機会があれば、今後も使ってみては?


思い出を箇条書きで。


・グランドまでの道むっちゃ細い
・宿…-_-
・かんちゃんだけが楽しかった人狼ゲーム
・植西全裸
・銭湯最高
・梅干し
・奥田ちゃん、車擦る
・記憶しりとり

3日間と例年に比べて、短めの合宿でしたが、2日目には和大、大体大と練習試合もできました。
練習試合だけでなく、プレスの練習なども十分にできたので、ここで秋リーグに向けて礎を作れたって感じでしたね。



怒涛の9月へ。
瑞穂、何回行ったかな…っていうぐらい行きましたね。
ホントに市大で練習した方が少ないぐらい、芝取りまくりました。
これはホントに良かったと思います。
来年以降も、っていうかこの春もできるだけ芝を取るんだ!


話を戻しましょう。
1年生が多い、若いチームだった僕らにとって9月の怒涛の練習試合、芝練は良かったと思います。
経験を積めましたし、芝でするホッケーは段違いに楽しいですし、おすし。

色んな所と練習試合を繰り返し、時には河合コーチも招集し、リーグ戦に備えました。

そんなこんなで、僕の4度目にして最後の秋リーグを迎えました。




秋リーグの詳細はごーとぅー・2部で書いたので省略。


初戦を0-5で落とした時はどうなることやらとかなり不安でしたが、内容はさておき、とにかく最後の結果として2部に復帰させられたことは心から嬉しく思いますし、かなりホッとしました。
泣いちゃうぐらい(笑)






















4年間。
大学生活なんて一瞬。
どう過ごそうが、その4年が終われば社会に出ることになる訳です。
院に進む人のことは知りません。

そんな大事な時間をなぜこんなことに、と思うことはきっとあるでしょう。

正直に言えば、ホッケーじゃなくてもいいです。
何か自分が打ち込めるもの。
本気で取り組めるもの、それに没頭する4年間。
素晴らしいじゃないですか。
だって、たった4年間しかないんですよ。
僕は最高で濃密な4年間でした。
そして、この経験はいずれどこかで自分にとって大切になってくるのかなと密かに期待しています。




皆様へ。
色んな意味を込めて。


























“ありがとうございました”








あー、長かった。。。
次誰かテキトーに書いてくれ。

comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
(^o^)
気軽にフォローしていってね!
プロフィール

ocuhockey

Author:ocuhockey
大阪市大ホッケー部
その部員たちの日常が
垣間見れるこのブログ。

悪ふざけ 7 近況報告 3

で絶賛更新中。
記事とコメントに散りばめられた
虚構と真実の織り成す
水色ホッケー戦士達の冒険譚である。

筆者たち
0~9の数字を司る部員たち

0 みずえる DT 3
1 なみへー MG 2
2 まな   MG 2
3 みさき  MG 2 
4 おの   MG 3
5 かんざき GK 2
6 ふみもん FW 2
7 えきもと FW 2
8 まいさん MG 2
9 うえにし αB2

なんか十刃みたいでかっこいいな。古いとか言うな。
隠れキャラ 
平山 CEO 3
とんちゃん NF 2
携帯から見る
QRコード
カテゴリ
最近の記事
ブログ内検索