杉江の口癖。

今週、来週と中間テストがたくさんで、フーッと一息つけない1回生の浅野です。
最近は日が暮れるのが早く、練習が1時間もたたないうちにボールが見えなくなりますねー( ・ε・)

今日の練習メニューとしては、
・ストローク
・シュート練
・飛び出し かーらの
体トレをしました。内容は
・反復横跳び5本
・20分間走
・ついていくやつ3本 でしたねー
1回生の杉江は楽勝やなーー、楽勝やなーーと自慢の~やなーーの口癖がうるさかったです。笑
(以下、杉江風に言ってみる。)
今日の僕の晩御飯のメニューは炊き込みご飯と天ぷらやったなーー。秋の献立やなー。いちょうがきれいやなーー。秋やなー。足痛いなー。
さてと、お風呂で汗を流そかなーー。
ではでは、、、

ヴォルテール(1712~1778)について

ただいま、ジャストナウ、文学部の授業中。
教授が悪質なラリホーをかけてくるので、眠さに打ち勝つためブログを書かんとする、あちきの名はなんと植西でありんす。



思えば、あちきも2年前にはキャプテンに選ばれたわけで、、、
今の一回生は俺のことを「たまに練習来てよく足つる就職難民」くらいにしか思ってないだろうが、俺にもこんな時期があったんだぜ。
まあ。その2年前の目標のひとつに「数年後も見据えてチームを強くする」というのがあったわけで、
その意味では今年の結果は俺としても悔しいわけで、
そーゆー感じで俺も偉そうにブログを書く。



言いたいことが大きく二つほどあったので今日は前編。後編は気が向けば書くかもしれん。
この前、ミーティングがあったらしいので今日はミーティングについて。
まあ。こういう考え方もあっていいんじゃないのという軽い視点でみてほしい。



俺の直感だが、君たちはミーティングで「目指すべき完成形のチーム」について話しているのではないか。
堅守速攻のチーム、
しっかりとディフェンスラインで組み立てるチーム、
サイドチェンジをうまく使って広いコートを活かしたチーム。
何でもいいが、とりあえず完成形のチームについてそれぞれがやりたいことと照らし合わせて話していく。
そして次に、それに見合った練習メニューを考えてみる。
例えば、走り勝つチームならば走り込みを増やしたり、パスを重視するならばストロークを増やそうとしたり、そんな感じ。
で。ミーティングはここで終わり、次から練習頑張ろうと満足する。(あくまで植西の直感です)



…さて。それで、勝てるのだろうか。
確かに、勝てるかもしれない。
しかし、君たちの思考回路に何らかの欠陥があったから今年負けたのではないだろうか。



思うに今年の敗因は「完成形のチームに到達できなかった」から負けたのだと思う。
すなわち、「理想としたチームに到達したけど、目指すべき姿を間違えたから」負けたのではない。
だから、俺に言わしてみれば完成形のチームについて何時間も考えることにはなんの意味もない。
確かに、最終目標を決めることは絶対に必要だが、このチームに欠けているのはそこに辿り着くためのプロセスである。と僕は思う。



さて。そこで俺が考えるのは「最初の一歩目」を具体的に考えてみるのはどうだろうか。
俺の直感だが、完成形のチームのレベルはおそらく「ほとんどの二部のチームに勝てる」レベルだろう。
だから、最初の一歩として「8回戦えば1勝できるチーム」を目指す。1回"しか"勝てないけど、一回"は"勝てるチームを目指す。
ちなみに、このラインは最低越えなければならないラインであり、このラインさえ越えれば三部に落ちることはない。(もう落ちた!)



そして、このラインは高く設定しすぎても、低くてもだめだ。
なぜなら、最初の一歩を踏み出せなくなり、結局勝ちに見放されたチームになる。
関西リーグの試合を何度も見て、正確に設定しなければいけない。




じゃあ。このラインってどこだろう。
何度も言うけど一回勝てるレベルだぞ。
二回勝っても、全敗でもないレベル。

基礎技術だろうか。基礎技術ならば、具体的にどの段階だろうか。
あるいは、チームのモチベーションが高くなることだろうか。
人数が一定に達することだろうか。
戦術だろうか。

それらを複合的に考えて、いまの自分たちなら踏み出せる「一歩目」を考える。
で。これは確実に踏み出せないとリーグにおいて話にならないから、日々の練習で強く意識しないといけない。




…とゆーことを考えてみてはどうですかというのが、あちきの意見。
とにかく、変わらなければならないんだぞということ。
「一歩目」の話はその一例。
「練習メニューを変えた」というだけでは、何も変わってないのだぞ。
その程度の努力なら今年も何度もやってきただろ。




「今回は違います」といういつもと同じ台詞はもういらない。




・・・
長い。



商学部的にまとめよう。
完成形のチームを考える。
→理想主義
今の実力を考慮し、最低ラインを考える。
→現実主義
理想主義と現実主義はどちらかが欠ければ組織はうまく回らない。
今までのチームは理想が先走っていたのではないだろうか。
だから、現実に沿った標準を決めるべきである。



というのが俺の意見で、もし俺が今もキャプテンならそこに気を付けるかなー。
まあ。あくまで一方的に俺はこう思ったってだけの話。



後編へ続く(気が向けば)

さすがやね〜

こんばんわ。
あっちゃんです。

キャプテンよりも早く2回生がブログを更新してくれてますね。さすがです。


はい…、感心してる場合ではないですね。
しっかりします。すいません。


さて、入れ替え戦が終わり、新チームが始動しました。

また23日にはOB戦、OB総会がありました。来てくださったOBの方々、ありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。


さて、現役のみなさん。
残念ながら入れ替え戦は負けてしまい、春リーグは3部で戦うことになってしまいましたね。


特に、入れ替え戦では相手にもミスが多かったにも関わらず、得点出来かった。自分たちの技術のなさも感じたと思います。そして、最後の最後で失点してしまうというメンタルの弱さも露呈してしまいました。


これらを克服するには、やはり練習あるのみです。しかし、ただ闇雲に練習しても正直あまり意味がないでしょう。

どの練習をするにしても、この練習は試合でどのように使うことができるのか、どうしてこうしなければならないのかなど考えながら練習するべきだと思います。でなければ、自らの力となっていかないでしょう。


ましてや、フィールドホッケーは難しいスポーツです。考えて考えて考えて考えてやっていきましょう。そうすれば自ずと春での2部昇格も見えてくると思います。

まあ頑張っていきましょう(笑)


PS.
先日、河合コーチとホッケー話をいろいろさせてもらいまして、自分の考え方が結構変わりました。現役のみなさん、1回しましたが、改めて全体ミーテしたいなと思うのでよろしく!




新チーム

2回生のむさしこと宮本です。


朝練ということもあり全員参加とはいきませんでしたが今日は新チームになっての初めての練習でした。ミーティングでもあったとおり基礎練をしました。


練習前に"動きながらトラップして、一連の動作でパスまで行う"というのはみんな意識できてたでしょうか?たしかに、動きながら一連の動作をするのは難しくミスが多くなるでしょう。でも、ミスしてもいいと思う。最初からできるなら基礎練なんて必要ないと思う。だから、ミスを恐れず練習に取り組んで欲しいです。飛び出しでもまだまだ足を止めてトラップしてる人が多いです。想像してください。試合中相手の前でトラップできても止まっていたら簡単に取り返されると思います。なので、もっと"もし試合中やったら~"といことを意識して練習しましょう。


また、早くチームの長所を見つけて長所を生かした戦術、試合運びを考えていきたいですねー。情けない話僕自身まだチームの長所を見つけられてないのですが…


P.S.

練習時間より早くきたり、空いてる時間を使って自主練をもっとしましょう。ほんとにちょっとボール触るだけでも全然違うよー。

終わり始まり

入れ替え戦から一夜?ニ夜?明けて

元主将、松村です


はじめに、OB.OGの方々へ
市大ホッケー部を応援していただきましてありがとうございました。ご支援ご指導していただいたにも関わらず結果として残せなかったこと、本当に申し訳ありません。とはいえ、ホッケー部はまだまだ続きます。変わりないご支援ご指導の程宜しくお願い致します。



さて、どんな形であれ秋リーグが終わりひとつの区切りがつきました。色々と伝えきれなかったことがあるのでブログ書きます



新チームになって、三商があって、練習試合、合宿、春リーグがあってボコボコにやられました
まだまだフレッシュなチームであり技術面、精神面で他のチームに相当劣っていました
前半は負け、後半で見れば勝ちという試合もあり読めないチームでした、でも、負けが続けば気持ちも切れてきて、特に同志社戦の後の王将でのミーティングは本当にキツかった
それぞれがバラバラで一つのチームとはとてもいえなかった


春リーグが終わり、1回生が入り、だんだん暑くなっていく中での練習で、途中で離脱する後輩もいました。
オレは絶対やめてほしくなかった。やめたら全てが終わるし、しんどくても続ければ何か楽しいことがある、チームとして活動するということはどういうことかを考えてほしかった
「去る者追わず、来るもの拒まず」やら言う言葉はあるんやけど、オレはオレの気持ちで去ってほしくなかった


インカレ、夏休みの芝練、合宿があり雪辱を果たすべく秋リーグがスタート
でも、思うように結果も出ず下位リーグ順位決定戦へ

3-2で2試合負け、入れ替え戦へ

どんな試合あってもそうなんやけど、なんとしても入れ替え戦には勝ちたかった
4回生になんとか勝利を、後輩たちになんとか2部の舞台のバトンを渡してあげたかった
いくら口でいっても言葉で書いても結果が全ての勝負の世界です、本当に申し訳ございませんでした


でも、最後の最後でチームが一つになったのかなとも思いました。
リードされて、ペナストで同点にして延長戦に突入するかと思いきや、相手の抗議で得点が認められず残り5分、ペナルティコーナーからのスタート

絶対文句いうやつが出てくると思った、なんでやねんっていうやつが出てくると思った、
でも、集中力を切らすことなく相手のサークルの方へ向かっていったこと、そして、ベストパフォーマンスで得点したこと、本当に嬉しかった

あの時の気持ちを忘れてはいけないです
チームとして正面から相手に向かっていって勝てた貴重な経験でした


延長戦の末、負けてしまいました
本当に全てが終わった、そんな気持ちでした

僕はこの1年間の屈辱は生涯忘れることがないです
この1年間は自分には力がなくて、みんなの支えがないと自分はやっていけないことを痛感した1年間でした



唯一の同期、中村君や、先輩、後輩、マネージャーには本当に感謝しかないです
3回生は2人しかいなくて、本来はやるべき仕事を2回生にはやってもらって、文句もなくやってもらって本当にありがとう
自分自身もやるべき仕事も多くてあんまり回ってなくてイヤになりそうな時があったんやけど、でも、2回生がやってると思えばオレも頑張らなあかんって気持ちになったし、なんとかやってこれました
本当にありがとう


4回生へ
今よりも少ない人数の時代から一緒に戦ってきていろいろとふざけたことやなめたことをしました。そして、最後の最後まで勝利することができなくて申し訳ございませんでした。そんな中でもかわいがってくださってありがとうございました。本当に感謝しかないです。お疲れ様でした。


2回生へ
キャプテンはあっちゃんで、あっちゃん中心で活動していくと思うねんけども、しっかりとあっちゃんのフォローをしたってください。そして、人任せにするんではなくて、自分から動くってことを意識してください。それぞれが自立した行動をとること、めんどくがらないことを意識してください。


そして何より全員がチームの勝利を第一に考えて、練習の案を出したりヘタクソでも周りに伝えていくことを大事にしてください


1回生へ
理系で学業が忙しいとは思うねんけども、言い訳を作らずしっかり練習してください。まだまだ実力不足ですよ


マネージャーへ
出来るだけ練習中に仕事を与えられるように、やることがないってことがないようにしようとしててんけど、最後の方はヒマになってしまってたな、ごめんなさい
何よりどんな時も練習に顔だして、ドリンクの準備やライン引いてくれてありがとう
これからも支えていってやってな



何よりホッケーは1人ではできないこと、先輩、同期、後輩、マネージャーがいるからホッケーができる、支援していただいているOB、OGさんがいるからこそホッケーができるということを忘れず、感謝の気持ちを持って新チームがんばっていってください
オレも自分のできる限り力をかしていきたいと思います


終わりは始まり、、、

ありがとうございました

こんばんは。

先日の試合で今のチームに一区切りが付きました。

4回生の方、お疲れ様でした。

今のホッケー部があるのも人数少ない時期を支えてきた4回生のおかげです。

今後もたまには練習に顔だしてアドバイスくれると嬉しいです。

そして、まっちゃんさん、ゆうやさん お疲れ様でした。

たった2人でチームを引っ張っていくのは本当に大変やったと思うし、僕が考えてる以上にいろんな事を考えてたと思います。

特にまっちゃんさんはポジションの事もあり、ゲームの内容でも責められてばっかりでほんまつらい時もあったと思います。

3回生の2人にしんどい思いばっかして終わって欲しくなかったし、たがらこそ最後の試合どうしても勝ちたかった。

3回生が4回生に勝たせてあげたいと思うんと同じように僕も3回生を勝たせてあげたかった。


このチームになってからは1年間、僕にセンターハーフなんていう大事な役を任してくれて本当にありがとうございました。

やのに最後まで特に何もできずごめんなさい。

これからチームは僕らの代になりますが、少しでも長くホッケー部に関わって欲しいです。

1年間ほんとにお疲れ様でした。

入れ替え戦


お久しぶりです。
三回生副キャプテンの中村です。

今日は大阪体育大学と入れ替え戦でした。

延長戦までもつれた末、敗退しました。

3部に降格することになりました。

今まで応援してくださったOBさん、OGさん、本当にすいませんでした。

キャプテンの松村と僕の2人でこの一年間をひっぱらしていただきました。
それなのに、僕らは後輩たちに
最低の舞台を用意することになりました。
後輩たち、本当にごめんなさい。

僕たち2人の責任です。
お世話になった皆様に対して本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

僕はこの一年間で色々なことを
経験することになりました。

後輩の休部、チームのモチベーション維持の難しさ、主力の怪我、自分自身の技術不足、全て僕がコントロールしなければならなかったことばかりです。

僕は非常に悔しいです。
今までがんばってきた4回生のために、必ずいい結果を残して卒業させたい、また、後輩たちに2部という舞台を残して置きたいという思いで、練習してきました。

ですが、上手くいきませんでした。
全て僕らの責任です。


だからこそ、来年は僕らは全力で下級生をサポートしていきたいと思います。

そして、全員に伝えたいことがあります。
それは、練習の一つ一つのプレーで妥協をしないでほしいです。
なぜそのパスが弱くなったのか、なぜそのトラップが少し流れたのか、細かいところまでこだわってほしいです。
そして、そこをチーム練習ではなく、自主練をして直してください。
一人一人がしっかり詰めていけば必ず上手くなるし強くなります。

練習に言い訳や文句はあると思いますが、もっとストイックに練習しましょう。

やる気ないならやめちまえ。
そんなん応援してもらってるのに
非常に失礼なことなんやからな。

そして、一年生へ
俺らの代になったら変えてやるとか、
そんなクソみたいな考えは絶対するな。
今から自分たちの時代であると思って
本気でやれよ。君たちは他大学より
正直、かなり遅れてます。
いい加減気づけ野郎ども。


じゃあこれからみんなでがんばろう。
本当にすみませんでした。
一年間幹部やらしていただいて、ありがとうございました。

10 | 2014/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
(^o^)
気軽にフォローしていってね!
プロフィール

ocuhockey

Author:ocuhockey
大阪市大ホッケー部
その部員たちの日常が
垣間見れるこのブログ。

悪ふざけ 7 近況報告 3

で絶賛更新中。
記事とコメントに散りばめられた
虚構と真実の織り成す
水色ホッケー戦士達の冒険譚である。

筆者たち
0~9の数字を司る部員たち

0 みずえる DT 3
1 なみへー MG 2
2 まな   MG 2
3 みさき  MG 2 
4 おの   MG 3
5 かんざき GK 2
6 ふみもん FW 2
7 えきもと FW 2
8 まいさん MG 2
9 うえにし αB2

なんか十刃みたいでかっこいいな。古いとか言うな。
隠れキャラ 
平山 CEO 3
とんちゃん NF 2
携帯から見る
QRコード
カテゴリ
最近の記事
ブログ内検索