ろーどとぅうぃなー6

~遅刻厳禁~

10月23日、因縁の和歌山大がいよいよ始まる。 そう思うと自然と胸がたかなる。
優勝争いを続けるには絶対に負けられない闘い、前回の引き分けによりたかまるプレッシャー
 さらなる高みを目指すにはさけられない好敵手。
 かつて3部ゴールキーパー王になった男としてこれまでの7失点という結果は納得できない。
 しかし、それを受け止めチーム一丸となってこの試練を乗り越える。
 クライマックスシリーズで意地を見せれなかった巨人の分までオレはあきらめない!!
そう誓って相棒(ゴーリー)と共にいざ舞洲へ!!!

しかし、さっそくトラブル発生
 集合場所の桜島駅に到着し、あたりを見渡す。今日もムダに元気そうにはしゃぐチームメイト(脇役)たち。
 あいさつもテキトーに一人で精神統一。バスの出発時間が近づく中、小出が誰かとアイフォンで話している。
 どうやら、島根の田舎者と、実は同い年のサチヘー、そしてタッティが遅刻しているらしい。
 人数が足りない、ヤバイと焦る面々。重くなる空気。でも待ってられないから出発。

舞洲に到着
 風はひんやり、しかし日の出と共に上がる気温。今日は暑くなりそうだ。
 さっそくキーパー道具に身を包み練習開始。しばらくして遅刻をしていた面々が到着。
 誰かに頭を下げながら小走りのタッティ、遅れながらも余裕をこくサチヘー、3人の中で一番申し訳なさそうに 走る土屋。アップもままならないうちのチームをよそに、ひたすら練習する和大。
 「今日は厳しい試合になるな・・・」そう思い警戒心を強めるボク

結局試合は3-2で勝てたが遅刻はダメですね
遅刻した人は反省、してない人も明日はわが身 と思って注意しましょう


いのうえでした






こんにちわ。


ついにWE2011の予約が完了しました。


28日の夜、ネット対戦の相手(マナーアイコンがぶっつぶれてない人に限る)を募集します。



ということで明日は和大戦がんばりましよう。


お腹ピヨってるのでこのへんで。

ろーどとぅうぃなー5

~楽しもう。~

晴れところによりヘリコプター、バリバリと元気に舞洲で「空の日フェスタ」が開催されている、
その隣で、ひっそりと聖泉戦が行われた。

まいどお馴染み、序盤のフルプレス、本日も山本率いるオフェンス陣が猛攻をかける。
前線で土屋がパスカット、そして小出へつなぎ先制点!
さらに攻めの時間は続き、打ち込みに野田北野があわせ追加点!

・・・時計の針は真っ直ぐ天を仰いでいる、この時間帯に、この事態。
焦る市大の面々。

「なんだこの展開は。」
「あと70分、2点を守るのか…?」
「大丈夫だ、問題ない。」

初めての展開に、重くのしかかるプレッシャー。
浮き足立つプレイヤーたち。

悪い予感は的中し(試合中にマイナス思考になるなんて!)
ショートコーナーで簡単に2点返されてしまい同点に。

聖泉の展開、素早い突破に翻弄され、苦しい時間が続く。
しかしさすが逆境に強い我がチーム。
いや、むしろ、逆境にしか強くない!
どうやって取ったか覚えていないが渡辺が3点目を奪取。
前半を1点リードで折り返す。

後半はハーフタイムに頭を冷やして再スタート。
約束事をを頭に叩き込んで、  
  こいちゃん「さぁ、楽しもう!」

だがしかし、連携がうまくいかないのか、ショートコーナーをとられる展開を
修正できず後半のあたまに一点、
ラスト10分ほどでさらに失点を許し、ついに逆転されてしまう。

大好物の逆境だ。
残り時間は僅か。攻めるしかない!
そして、意地でもぎ取った、ラスト20秒のショートコーナー。
「確実に決まるやつで行こう」 (つまりタッチシュートではない…)
小出が出す。
終了のホーンが鳴る。
京極止める。(余談ですが、今日はよくがんばって止めてたと思う。ディフェンスの話です)
土屋から幸平、そして土屋。(このパターンは成功率低くなかったか…)
HERO
彼が、今日のヒーローです。
皆さん、覚えて帰ってください。


ところで、勝ったようなはしゃぎっぷりだったけど、同点なんですよ。知ってましたか。
もっと、うまい試合運びが出来れば、楽に戦え、そして勝てたかもしれない試合でした。
が、それが僕ら当面のの課題のようです。
悔やんでもしょうがない。課題は次の和大戦で提出します。

今日の試合で市大は勝ち点7
優勝はすでに射程距離内だッ!


ろーどとぅうぃなー4

~雨降って、、~


9日、降りしきる激しい雨空の下、試合が行われた。

みたいだ。


甲南で、神大vs聖泉、京大vs阪大が決行された模様。
気になる結果は、7ー0で神大は大敗を喫し、京大も阪大に敗れた。


負けた2チームには辛くも勝利しているが、この結果は非常にまずい。
神大、京大戦ともに負けててもおかしくなかった試合。その2チームが負けたということは、、
やばいよ、練習しなくちゃ。って気持ちになるよね。
しかも神大が大差で敗れた相手が次回の対戦相手。

データが少ない上にこの結果はかなりのプレッシャーである。
ただ、試合内容はわからないので続情報はコイデ氏に任せるとして、
それでも非常に警戒が必要である。


せっかく2連勝好スタートを切ったのだから、無駄にしないように集中していきたい。勝っていることに余裕を感じるのではなく、プレッシャーを感じて必勝を目指そう!


あっ!今、続報が入りました。聖泉には日本代表がいるとか、


とりあえず、残り1週間、技術面の向上は無理かもだが、意識面での擦り合わせを大切に、


では、この連休でホッケーに対するモチベーションが落ちないよう各々気合い入れてください!!

雨降って地固めましょう

意識が無くなる前に、連続記録(自分の)を途切れさせないために、更新しておきます。


みなさん良い三連休を

おわり

ろーどとぅうぃなー3

~勝ちの価値~


10月3日、どんより曇りから本降りの雨になったくらいに試合が始まった!
対するは京都大学。未だ、公式戦で勝ったことのない相手である。

立ち上がり、前線からプレスをしかけ、開始10分は全試合と同じように75ヤード付近でのプレイが続く。
ショートコーナーも2、3度得るが得点にはならず。
そんなこんなで10分をすぎ、プレスもハーフに。
そんな中、ショートコーナーを得ると、つきやゆうきのヒットをこいでたくやが押し込み先制!!
早い時間から優位にたつ。さらに、立て続けにショートコーナーを奪うと、
Kさんのポテンポテンヒットがゴールになり、さらに続くショートコーナーではつちやゆうきのサークル外ヒットが決まる。
ラッキーな得点でリードが3点になったところで前半を折り返す。


後半も、勢いそのままに攻めたいところであったが徐々に試合は互角の様相。
逆にショートコーナーを奪われると綺麗にタッチを決められ、1点を返される。
これで焦ったのか、急いで攻めてボールを失うシーンが目立つ。さらに雨が勢いを増して、ごちゃごちゃのぐちゃぐちゃな奪い合いが続く。
もう芝は水溜まりだらけでヒットは使えない状態に。。。
後半20分くらいには、ショートコーナーから失点を許し、3-2。
残り時間を気にしつつも、なんとか1点をと、攻めるがなかなか上手くいかない。ショートコーナーもきまらず。ちなみにたったさんはまだ1点も取れてません。


試合はそのまま終わり、なんとか逃げ切り勝ち点3を奪取した!!


試合内容的には、展開も少なく、ビハインドも上手く回せず、ショートコーナーも決めきれず、決して良いとは言い難い。
ただ、ラッキーであろうがなんだろうが、勝ちは勝ち!リーグ戦では勝敗が第一である。これで、勝ち点6になって単独2位となった。


そういえば、今日の京極は、、、頑張ってたんじゃないでしょうか?


リーグ戦は中盤に、
トップは3戦全勝勝ち点9の摂南。
市大が続き、
和大が最多の4試合消化で勝ち点5。
同志社は1勝1敗で3。
神戸は2日に京大と引き分け勝ち点2。京大も2分け1敗で2。
聖泉は試合が無く、勝ち点1のまま。
阪大は摂南に敗れ2敗の0。


まだまだ、混戦の今リーグ。2連勝で勝ち点を稼げた意味はかなりデカイ。
次は、聖泉、オア摂南?
どちらにしろデータの少ないチームだが、せっかく手にした勝ち点を無駄にしないためにも次戦
09 | 2010/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
(^o^)
気軽にフォローしていってね!
プロフィール

ocuhockey

Author:ocuhockey
大阪市大ホッケー部
その部員たちの日常が
垣間見れるこのブログ。

悪ふざけ 7 近況報告 3

で絶賛更新中。
記事とコメントに散りばめられた
虚構と真実の織り成す
水色ホッケー戦士達の冒険譚である。

筆者たち
0~9の数字を司る部員たち

0 みずえる DT 3
1 なみへー MG 2
2 まな   MG 2
3 みさき  MG 2 
4 おの   MG 3
5 かんざき GK 2
6 ふみもん FW 2
7 えきもと FW 2
8 まいさん MG 2
9 うえにし αB2

なんか十刃みたいでかっこいいな。古いとか言うな。
隠れキャラ 
平山 CEO 3
とんちゃん NF 2
携帯から見る
QRコード
カテゴリ
最近の記事
ブログ内検索